Time Capsule 500GB

MacOS-X10.5の機能の一つであるTimeMachine用に使うものですが、Time Capsule の 中身はWi-Fiベースステーション+ルータ+内蔵HDDというものです。今回の価格改定で、.11a/b/g/nのDualBandに対応して3万円に近づいたので購入してみました。

p1100067

Logitechの250GBのNASを使っていたのですが、Samba接続しかできなかったので、Macでは遅かったです。ファイル名も拡張子がないと、うまく再現できなかったりと、大いに不満が有りました。届いたTimeCapsuleは、箱が大きかったもので、箱からあけてみて案外大きかったのでびっくりです。PMG4の筐体の幅とほぼ同じでした。

無線LANの設定は、使っていたAirMac Expressと同じなので、簡単ポンでプリンタもただつなぐだけで印刷できるように。この辺りはMacの強みですね。

.11nに対応しているので、私のPowerBookのnQuickerのカーではかなりパフォーマンスが上がりましたが、PMG4は有線で繋いでいるのに、性能差か、1000base-Tの速度を生かしきれていない感じです。使っていたNASよりちょっと速くなった感じです。大きなファイルで20MB/secぐらいですが、もっとも、使っている1000base-TのPCIカードがWindowsパソコン用の安価なものですので、もしかしたらジャンボフレームで動いてないのかもしれません。ちょっとこのあたり、詳しく分かりません。

TimeMachineとして使う事はないと思いますが、ストレスなく使えそうです。

残念な事はAirTune機能がない事です。iTuneの音をAirMac経由でAudioで鳴らせてたので結構使っていたのですが。。。また、案外熱くなりますね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。