F800GSドリブンスプロケット

まだ使える、と、、思われる(台形の山がはっきりまだ残っている)がせっっかく交換したチェーンが早く摩耗するかもということで、ドリブンスプロケを交換しました。

社外品スプロケットが見つからなかったので、webikeで純正部品をチョイスしてます。もちろん鉄製、42Tです。ボルトとナットはスプロケットについてきました。ナットは周りドメつき(エンドに引っ掛かりがあるやつ)なので、外す時も締める時もトルクがどれだけかかってるかわからなかった。緩んだらやだなと思い増し締めの時にインパクトを使った。これはかなりオーバトルクかもしれんが、マニュアルもなんも無いからわからんな。

ナットもボルトも16mmです。インパクトソケット持ってなかったら購入したけど。いや、絶対オーバトルクだな。まぁ、でもとりあえずこのままにしとくか。16mmのスパナが必要だけど

装着の図。いや、異常に静かになりました。チェーンのガチャガチャ音は全くなくなり、またスタートもシフトダウンも静かですね。

純正部品購入の際に、スキッドプレートの固定ネジも購入。右図の青丸の奥に入っています。エンジン底部から4本のボルトで固定してありますが、引っ掛け部が無い。「これボルトが落ちてプレートが走行中に落ちたら、大惨事じゃねーか?」という不安が有りましたが、ボルトが一つついてなかった。全オーナがつけ忘れたか販売店で落としたか知りませんが。

あと、ドライブスプロケットも購入してあるのですが、外せると思うけど、固着締結に自信ないな、と思い来年の車検時にやってもらおうと思います。たぶん周りドメの専用ジグがあると思われます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。