大平峠

タイヤ交換と話は前後しますけど、会社が停電休業でタイヤ交換前に少しバイク乗りました。出発が遅くなったので日本海でぼーっとしてようと重っったのだけど、やめて、、、高根第一ダムに行ってきました。平日は9月まで野麦峠は通行止めです。

木曽の妻籠から飯田に抜ける山奥の大平峠があります。帰りにそこを通りました。僕の記憶では20年ぐらい前に会社仲間でツーリングに行った際に木下くんが転倒して足の骨を折るということがあった場所だと思います。でも、そこはどこかもうわからないです。たしか彼は僕の後ろを走っていたんだった。下りでところどころ浮き砂利、舗装はしてあったがカーブ連続で滑ったのか、それとも寝てたのか、その後彼に聞いてもはっきり言わないんだよな、なんか後ろめたいことがあったんだろうな。

そういえば、翌日に会社で、彼は同じ職場だったので「仕事が止まっちまう、気をつけてよ」と上司からお叱りを受けてしまった、ということがあった。その後、諏訪の病院に少し入院していたのだが、上司がいうには「お姉さんがこられて世話をされていました」と言ってたんだが、彼女じゃねーかな。たしか、バイク乗ってなかったのに、急に乗り出して彼女が乗ってて誘われたとか言ってた。バイク乗り始めたら、誘ったんだけど。マキちゃんともう一人かわいい女の子も一緒に行ったような。。

↑野麦峠から見た乗鞍連山です。野麦峠は9月まで、平日の時間通行止め(9:00~12:00と13:00~16:00)でした。

↑一旦、R19に出てR361で御嶽を横目にダムに向かいます。写真は九蔵峠の展望所からです。災害があったことがわからないです。

ダム堤の上には入れないんですが、R361の旧道を使って暗い細いトンネルを抜けるとあります。時間がつぶれないです。晴れ予報だったが曇りでそれほど暖かくもない。

↑同じ道を走ってもあれかなと思い、御嶽の日和田高原へ抜ける県道(435号)を走ろうとしましたが、「氷点下の森」という場所で通行止めでした(この写真の少し先)。後で地図を見たら濁河温泉郷の方へ回れば行けたようですが、僕の地図ではそこまでわかりません。もっとも古すぎて正しいかどうかもわからんですが。

同じ道を帰りR19に出たら、少し走ったら南木曽の妻籠から飯田に抜けられると思ったのですが、妻籠まで遠かった。地図1ページぐらい飛ばしてたみたい。

南木曽の妻籠からR256に入り、その途中から県道8号線で大平峠へ向かう。けっこう、飯田まで抜けるまで長いです。峠越えたあたりに廃村があります。朽ちてなくて整備されてて、後で調べたら鍵借りて泊まれるらしいです。結構なワインディングで車も通ってなくて楽しかった。こういう感じ、いいですね。

僕の記憶では途中から北へ抜ける林道があった気がするんですがわからなかった。後で調べたら南へ抜ける林道があるみたいですね。一度、XRで来てみようかな、でもあのバイクでここまでくる気になれないなぁ。

木下くん骨折したのは、ここじゃなかったっけな。峠おりて、街にでたら、「あれ、ここどこ?」、全く見覚えがない。20年も経ってりゃっわからんか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。