令和初走り

私も令和初走りということで(気にはしていませんが)、連休後半に親のご機嫌伺いに帰省しました。実家がほどよく遠いので、片道400kmほどです。往路は中央道〜名神〜山陽道のいつものコースですが、復路を日本海側から回って見ました。

退位、即位の連休ということで長期になり、どこも車でいっぱいでしたが、高速道路はそれほどの渋滞はたまたまか、ありません。SAやPAの車量はさすがですね、トイレもままならない。

どちらかというと、食事ができるSAに集中しがちですので、周囲のPAは割と空いていたりします。

で、復路は天気も良いので、日本海を見て帰りたいと考えました。連休後半ということもあって名神道は渋滞筆致ですのでそれを避ける狙いもあった。なので中国道の吉川JCTから舞鶴若狭道に入って、日本海を目指しました。綾部JCTを越えて敦賀に向かう途中で、日本海が間近に見えたので目の前にあった西小浜ICで一旦降りました。降りたところにローソンがあってサンドイッチを食べ、近くにあった鯉川ビーチの駐車場に入りました。

この駐車場というか施設は有料だったようです。どうしても海が見たかったので駐車料払ってもいいかなと思ったのですが、施設のおじさまが、「そんなにながいせーへんやろ?ただでええわ」と言ってくれたのでyかったです。遠浅で、海水浴場になるんかな、釣りしている人が多かった。ビーチから西の方を見ると三角形の山が、どうも、若狭富士と呼ばれる青葉山のようである。なんかいい感じである。

それにしてもバイクが多いな。特につるんでいる連中が多く、閉口する。ローソンでカツサンド食べている時も同じようなバイクが20台ほど爆音させながら入ってきて、つい、「うるせーな」とかいってしまった。すいません。若者なら、空ぶかしもわかるけど、ほぼ全員おっさんなんだよね、だから余計に思っちゃうだよなー。

で、こっからが長かった。素直に米原JCTに向かって名神〜中央で帰ってたら3時間は早く着いていたと想像されるが、ここまできたら、山中とっぱして安房峠越えやろ、という声がしたため、福井まで行き、福井北から無料の中部縦貫道で福井県の大野市まできた。

大野のファミマにてコーヒー、この時点で3時を回っていた。ここから九頭竜ダムを越えて岐阜の白鳥まで、九頭竜ダムは昨年も走ったが、白鳥まで交通量が多い、信号もないから流れが早く、案外スムーズだった。疲れたけど。白鳥から、東海北陸道で飛騨清見まで、そこからR158バイパスで高山西、そのあとはR158で安房トンネルごえ

東海北陸道の最高地点のよう。福井辺りではまだ24℃ぐらいあったのに、ここですで12℃、安房トンネル前では8℃まで下がっていて、めっちゃ寒い。

安房トンネルは有料になっていました。ETC休日割引で430円でした。復路は、遠回り500kmの走行でした。休んだりもしたので、約11時間。

リアブレーキの調子は良かった。ロックさせなれば違和感は特にない。タイヤはかなり減ってしまった。

ライトが暗いです、安房トンネルぬけてから、めっちゃ怖かった。H7バルブとかいう特殊?なのでいいバルブを見つけられない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。