トリートまたパンク

いいかげん、嫌になるね。こうなんどもパンクすると。

パンク修理はそれほど苦じゃないのだが、スクータは全部そうだが、シート外してエキパイ外していかないと車輪を外せない。おまけにインパクト必要だし。それが面倒なのよ。

今回は万力を使わずに外して見た。例によって、タイヤには何も刺さった形跡がなく、また素手でタイヤの内側をさすっても、何も感じられない。前回パンク修理の部分がめくれてんのかなと思いきやみっちりと融着している。穴が空いているかどうかはまだ確認していないが、チューブレスに戻してみようという気になった。

L型のチューブレスバルブを楽天で購入。CRC556を吹きかけて引っ張り上げると、簡単に挿入される。きっと穴は空いてないで、使えるだろいうと勝手な推測の元、チューブなしでタイヤをはめてみた。もともとチューブレスタイヤだしね。

今回は苦もなく一発でビード上がった。とりあえず、この状態で1日放置してみる。空気抜けるかどうか。抜けてたら、このタイヤは使えんということだ。つまり、これ以上金をかけたくないとなると、チューブを再度装着してパンク修理して、バイク屋に持って行き、引き取ってもらうということだ。自賠責が1年ぐらい残っているので、多少お金くれないかな・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。