トリートのパンク

再チューブレス化して装着して放置しているトリートだが、空気が抜けていない。チューブレスだから小さい穴の場合わからないぐらい少しづつ抜けているということはあり得る。2日経って全く減ってないというところを見ると、どうもおかしな気がする。

一方チューブであるが、やはり穴は空いていた。水の中につけると小さい穴からプクプクと。

前回パンク修理したすぐ近くで、ゴムパッチの隙間からか?とも思ったが違う、そのそばである。写真ゴムパッチ融着の右上に傷があるが、これも謎。なぜ、傷?

他にも、以前から気になっている傷が何箇所かある。傷の方向は同じで、これは装着時にレバーで引っ掛けたものと明らかに違う。それに絶対引っ掛けていたりしてない。結構な深さでえぐれているが、穴は空いていない。

走行時にどっかに当たっていて、どっかってリムかサイドをールしかないけど、どこを素手で触っても、滑らかなの。走行時に凹凸とかでタイヤが打ち付けられる際にチューブに傷をつけている、、としか思えない。

チューブは、一応IRC製のサイズはあっているし、ヘビーチューブという、オフバイクでよく使っている厚手のゴムである。もっとも、IRCだが、MADE IN THAILANDとも記載はある。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。