TEのクラッチ その2

WITHOUT BUBBLE とあるので、エアを噛まないように、ということだと思うってこと、エア抜きらしきことをやってみましたが、変化なし。クラッチを押しているような音は聞こえてくるが、いっぺん中を見なきゃ構造もわからんです。ってことで、右クランクのクラッチカバーを外しクラッチの動きを見ました。動いていますが、ストロークが少ないのかも知れません。クラッチ板を外しましたが、中からクラッチrodがあるだけで、妙な構造はありません。要するに左クランクにあるクラッチピストンが油圧で押されているだけみたいです。
左クランクに付いているピストンはロッドにあたっている部分にボールがついていて、よせばいいのにピストン外した状態でクラッチレバーをちょっとさわったら、ミネラルオイルの洪水で中の部品がはじけ飛びましたです。ミネラルオイルを発注しなければならないです。現在はバラバラの状態です。当分乗れそうにないです。オイルを満たして果たして直るのか。

コメントは受け付けていません。