F800GS初パンク

このバイクでもパンクするのか?、当たり前に思っていたチューブタイヤでのパンク、DR-Z時代から最近パンクしないなぁと思い始めF800になってからは、このバイクで道端パンク修理は無理だからパンクはよっぽどしないという前提かな・・・なんて考えてしまっていたが、それは敢えなく壊された。

しっかり釘が刺さっております!

水曜日の夕方、帰社しようと駐輪所にいったらタイヤがぺちゃんこになってた。木金と帰省の予定がありバイクで帰るつもりだったので、会社の近くにあるモトラッドへ、定休日だったが、整備の人が自分の車を修理していた。

  1. 「パンクなんですけど、やれますか」
  2. 「うちは基本パンク修理はしないというものなので」
  3. 「そうなんですか?、、あぁでも預けてもいいですか、会社の駐輪所にあるんで」
  4. 「いや今日は定休日なんで何もできないです、明日電話もらえますか」

いや、明日から帰省だから、土曜日か。。パンク修理をしないということはチューブ交換ですかね。なら、チューブ発注して自分でやりますか。どうせ、木金動けないんで。というわけで、土曜日に車に道具を積んで駐輪所でやったわけです。

抜いた釘です。チューブにはあまり深く刺さっておらず少しづつ抜けていたようです。会社の周りで踏んだと思ったが自分家の周りの可能性もあるな、、ってことです。

ビードが落とせないかもってことでビードブレーカ持参。ビードが上がらないかもってことでコンプレッサーで25L充填後のものを持参。上は作業中の図。作業は一時間ぐらいで終わった。このANAKEE WILD、ビード落としやすい。ブレーカなくてもいける気がしてきた。手押しポンプでビード上げっるのは無理そう。途中まで試しましたがちとしんどくやめて、圧空を使った300KPaまで入れると出た。

ビード上がってなくてもある程度空気が入れられたら走行してスタンドかバイク屋の圧空を使わせてもらうというのでうまく行きそうな気がしてきた。

午前中にチューブ交換をして道具を持って一旦帰宅。午後に電車で会社まで行って乗って帰ってきた。しかし、駐輪所を出る際、職場の人に見られてしまった。残念。

やはり携帯のコンプレッサーが欲しいな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です