F800GSフロントタイヤ交換

今年は東北に行かない(行けない)のだが、フロントタイヤのスリップサインが出ていた。中古購入して2年半、元の走行距離の2倍を超えて(13000キロ)でスリップサイン。結構持つタイヤだったのですね。普通?

リアはまだ行けそうです、履き潰しましょう。フロントの方が持ちそうだったのにスリップサインに到達でした。

もうちょっとオン寄りのタイヤにしたかったのだが、在庫がなくてあるもので安価なミシュランのアナキーWILD、かなりオフよりですが、まぁ、いいでしょう。5000キロぐらいで交換かもしれんけど。

センタースタンドがあるから楽やんとか思ってたが、スタンドがエンジンよりかなり後ろにあるから?落ちてくるね。オフのスタンドで支えをする必要があった。

このスタンドで200キロを超える車体を持ち上げるのはやめた方がいいと思い、支えるだけに入れておいた。フロントが少し下がってしまうので、交換後に入れるときにムスコにちょっと手伝わせたが、旅先で交換する際、なにか考えておく必要がありそうだ、と思った。

フロントアクスルはこのキャップみたいなボルトで固定されるがそれほどトルクはかかってなかった。アクスルをつかんでいるボルト(トルクス)もそれほどトルクはかかっていなかったが、この辺の構造はDRでも同じで、コレが究極なんだろうか。緩めれば簡単に外れる。

交換中・・・・

あろうことか、2度も失敗してしまった。30分作業でしょ、こんなの、すまん、三時間もかかったぜ、3回やり直した。

ちょっと言い訳すると、チューブレスとチューブ兼用タイヤなのでビードが硬い、それでタイヤの中にうまくチューブが収まってくれずにタイヤをはめ込む際にタイヤレバーで噛んで引っ掛けちゃうってので2回チューブをダメに、穴を塞げば使えるけど、なんかやだし。予備のチューブ使い、今回購入したチューブも穴開けちゃって、結局もとついてやつを入れて成功した。車にかかってるのがダメにした悲しいチューブ。

完成形。ブロックですねー、ちびんの早そう。

フロントアクスルの周りどめに入れるツールが必要ですね。D型プラグの外側だとうまく入らない、もう少し小さいもの。別にトルクは必要ないので、ちょっと周りどめできればいいんだけど。。。

フライス盤が欲しい!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。