F800GSリアブレーキ

新年度になり、そしてコロナのGWになりました。まだ今週は連休まで1週間ありますが、会社休日が夏から移動されてきており、またGW休み明けも、なかば強制で年休取得を推奨されており、今日から16日連続休みです。

外出自粛を強く求められており、会社からも行政からも不要不急の外出を控えるように呼びかかっています。中に、おれそんなん知らねー、みたいな人も多いようですが、無責任な行動はやめてもらいましょう。とはいえ、仕事は持ち帰っていますが、この天気の良い日にじっとしているのはもったいないですよ。

バイクでもいじろう、ということで、車検で良くしてもらったリアブレーキを見てみました。

あれ、パッドこんなに薄かったっけ?。昨年、交換したんですが、もうこんなに?、初期4.5mmあるんですよね、で、限界厚みはマニュアルによると1mmとありました。まだ、2~3mmはあります。今年、ツーリングに行けたら、2022年の車検前には交換でしょうか。はやいな。やっぱり、キャリパの動き悪い時に引きずり感があったのかな・・・いろいろ考えてしまう。

それから、プレートもこんなに薄くてよかったっけ。刻印見るとMIN 4.5mmとあります。

 

あー!、きびしいっすね。5mm割ってます(4.8mmっす)。外枠じゃないよ、パッドが当たっている部分です。いや、これは交換ですね。パッド交換する際にも見たはずんなだけど、そのとき何も思わなかったから、かなり厚みあったんだと思うね、だから、ちょっとやっぱり引きずってたというのが正解なのか。

で心配になって、フロントも見てみましたが、パッドが見えづらい。同じぐらいだった、たぶん2mmぐらい。まだいいでしょう。ディスクの厚みも5mm以上ありました。

あと、またチェーンですね、錆びてます。少し雨が多かったせいですね、表面が錆びてる。気持ちいいものじゃないなぁ。

余談ですが、会社に入ってくる若い人は、ノギスの読み方知らない人いるようです。中学の技術でも内燃機関習わないというし、必要のないことかもしれないけど、話ししても、なんかつまんないですよね、おじさんとしては。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。