ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Tree

最近の更新

macyomoyama:mysqlonmacosx

MYSQL on MacOSX

MySQLをMacOSXに導入する

ダウンロード

 phpが導入されたら次に、MySQLを導入する。WordpressやphpBB2などを扱うには必須。MySQLのダウンロードページからバイナリをダウンロードします。

 http://dev.mysql.com/downloads/ 

 MySQL5以降は、扱いが変わってるらしい(詳細知らない)ので、ちまたでよく使われている4.0系を使用する。ここでは、4.1.22を使用する。バイナリでインストールしたいから、Mac OS X (package format) downloadsを選択。下記。

 今回は、PowerMacG4 AGPのMacOSX10.5にインストールするので、PowerPCの32bits、Standardを選択肢ダウンロードする。ダウンロードしたファイルには二つのパッケージが含まれている。

 mysql-standard-4.1.22-apple-darwin8.6.0-powerpc.pkg
 mySQLStartupItem.pkg

そしてMysql本体のパッケージをダブルクリックして開きインストールをする。すると、下記のディレクトリに二つのフォルダができている。

 /usr/local/ 配下
 ディレクトリ mysql-standard-4.1.22-apple-darwin8.6.0-powerpc
 シンボリックリンク mysql

ファイル名はインストールするパッケージによって変わると思う。

 次に、もう一つのパッケージMySQLStartupItemをインストールする。こちらは、MacOSX起動時に自動でMysqlデーモンを起動させるための物だ。

設定と起動

 Terminalを起動しmysqlディレクトリへ移動して、dataフォルダの所有者をmysqlに変更する。ユーザmysqlはインストールの時に自動で作られるようだ。

 cd /usr/local/mysql/
 sudo chown -R mysql data/

起動する。

 sudo ./bin/safe_mysqld --user=mysql &

すると、Startingなんたらかんたらと出て起動するはず。(コマンドの詳細はあまり聞かないで。よくわかってないから)

次に起動したかの確認をする。

確認

 testのDatabaseで確認します。インストールすると、test用のDatabaseが一つ自動で作られるようです。

 /usr/local/mysql/bin/mysql test

すると、「welocome なんたらかんたら」と出て

mysql>

と出ますので、成功です。「exit」と入力して終了します。

rootのパスワード

 次にroot のパスワードを設定します。最初の初期値は空のため、 全ての人が パスワードなしで root になれてしまう。なので、rootのパスワードを設定します。パスワードを忘れると、どうにもこうにもならないらしい。

同様Terminalで、/usr/local/mysqlの位置にいない場合は

 cd /usr/local/mysql 

mysqlディレクトリへ移動します。

 ./bin/mysqladmin -u root password 'パスワード'

と入力してリターンキー。パスワードはシングルクォーテーションで囲む必要があるようです。

次に、MySQLをwebから制御するために、phpMyAdmin on MacOSXを入れます。

phpMyAdmin on MacOSXをインストール

macyomoyama/mysqlonmacosx.txt · 最終更新: 2013/07/21 17:55 by king