ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Tree

最近の更新

diobaja:start

DioBaja

電気系

パネル部分をデジタル化する試み。

スクータ

 現在、DioBajaを所有しています。HondaのDioで、XR-Bajaみたいなカラーリングで、ちょっと似せてある、古い機種です。

 これは、会社の人にもらったんです。ずっとおきっぱなしだったらしいんですが、きっと屋根のあるところだったんでしょう。きれいですよ。
 でも、キャブ?の調子が悪いんです。ちょっと寒くなると、ガス欠みたいな症状になるんです。あったまってくるといいみたいなんですが、アイシングととても症状が似ているんですが、アイシングになるような気温でなくてもなるので、なんでだろうと、思っています。キャブはガスをポンプであげているようなので、安易にばらしていいものかどうかに、とても迷うところです。周りに聞く人もいないしね。

もう一つ不具合をあげるとすると、出だしですね。出だし、ちょっと出にくいんです。回転があがらないと、クラッチがつながらない感じ。これについては、職場に同じような症状のひとがいて、ベルトをかえたらよくなったとのことで、今度試してみようと思っています。

出だしの改善

 出だしを改善しようと思いまして、2008-09-15(いや、私はてっきり、ベルトをまし締めするねじやテンションがあるのかと思っていました。)サイドのクランクを開けましたところ、「調整するところない・・・」ということで、ただ、あけて閉めただけで終わってしまいました。やはり、武井君の言う通りで、ベルトとクラッチを交換するしかないようですね。武井君の話では、それで良くなったとの事でした。

クランクカバー外したところベルトとクラッチがでてくる。これはクラッチナットを外したところです。自動遠心クラッチです。当たり前なんだけど、これで走ってるってすごいね。ベルトも内側に歯がついてるんだけど、それは使わずに張ってあるだけで摩擦で回ってるんだ。

参照:DioBajaのベルト交換

ちょっと寒いと吹かない

 というか朝乗るときはいつも。しばらく乗ってないときひどい。でようとすると「ぷるぷる・る・・る・・る・・・・る・・・・・ぷすん」こんな感じです。

 オフのバイクで似たような症状ではエアクリーナが詰まっていたりすると濃くなってすとん、ガス欠のような症状にも似ている。ガスをくみ上げているポンプの調子が悪いんだろうと思って、ちょっと分解してみようと思いました。

無理でした。。。。フィルターらしき樹脂製のものはフィルターのようなんですが、分解できません。負圧ポンプとおぼしきものはトルクスねじで固定され分解出来ないようになっていましたです。あきらめます。

タイヤ交換の方法について書いてみました

 問題となるのは一つだけです。DioBajaのタイヤ交換。ビードをどうやって落とすか。。。。

スパイクタイヤ

 原付は、スパイクタイヤが許されていますので、冬用に昨年購入しています。スノータイヤとスパイク付きと2種類ラインナップされているのですが、スパイク付きにしました。


 このタイヤは、ものすごく柔らかいです。スタッドレスと同じラジアルタイヤで、扁平率が高く、ほとんど四角です。しかも、溝が深いので、柔らかいタイヤがよけいによじれます。むにゅむにゅって感じで走ります。


バイクやのお兄ちゃんは、「タイヤが四角いので、ものすごく走りにくいですよ」といていましたが、今年。前後輪を交換して、それがわかりました。
 走りにくいってものじゃないです。まっすぐハシラんです。むにゅむにゅして回るとき切れ込むのです。そのうえ、タイヤにかなり摩擦があるので、走りが重く、パワーが出ないです。

 ちなみに、タイヤは日本製ではありません。

diobaja/start.txt · 最終更新: 2014/04/20 13:23 by king