ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Tree

最近の更新

cms:drupal:start

Drupal

 海外のOpenSourceのCMSツールです。CMSアワードで2008年度で2年連続で1位になっているらしいですが、日本では知名度は今ひとつなのでしょうか。情報は少ないです。Xoopsは国内で知名度が高く、この情報はたくさん手に入ります。~  個人的には、XoopsよりDrupalの方が使い勝手が格段に高いと感じています。何を持ってそう語るかは謎ですが。。。

さくらでの設定

 さくらではphpがCGIで動いているので、.htaccessへのphpディレクティブを記述できない。記述すると500エラーになる。それで、php.iniに記載するのだが、これはコントロールパネルから行う。

; magic word for mbstring
mbstring.language = neutral
mbstring.http_input = pass
mbstring.http_output = pass
mbstring.encoding_translation = off
mbstring.func_overload = 0
mbstring.internal_encoding = UTF-8

あとは、MySQLのサーバホスト名を注意するだけ(localhostじゃない。と言う意味)ぐらいですね。installの最初の画面で高度なoptionを開いて設定しないと、データベースに接頭辞がつかずに下手になってしまう事(扱えるデータベースが、プランに寄って一つなので)ぐらいです。

配色変更可能なテーマなのに変更できない(6.x)

 デフォルトだと正常に表示するのに、配色を変えるとCSSは正常だが配色が抜けてしまう(色無し)。これはずいぶん悩みました。てっきりファイルやフォルダのアクセス権の問題だろうと思い、そこら中、いじりましたが、結局下記の事でした。下記記事に感謝です。

Drupal.0829.info さくらでDrupal

files と files/tmp フォルダと .htaccess ファイル

 Drupal では、files フォルダおよび files/tmp フォルダ内に .htaccess ファイルが自動作成されますが、Drupal によって作成された .htaccess ファイルには Options ディレクティブが使用されていることから、さくらインターネットでは、画像の表示やファイルのダウンロード、デフォルトテーマのカラーの変更などができなくなってしまいます。

 files フォルダおよび files/tmp フォルダ内の.htaccess ファイルを編集し、Optionsディレクティブを削除すれば良い。

Internal Server Errorが発生する(MacOS 10.6 Drupal6.1.2)

.htaccessファイルに下記が記載されているらしい。

LayoutIgnoreURI *

サーバが自動挿入をしていないのに「LayoutIgnoreURI」を指定していると、サーバが内部エラー(#500)を起こすという記述がどこかのサイトに有った。これをコメントアウトすると、エラーはなくなる。

cms/drupal/start.txt · 最終更新: 2013/07/15 20:25 (外部編集)