ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Tree

最近の更新

yomoyama:jibun

じぶんを宣う

人は私のことを キングと呼ぶ・・


  • うまれ : 播州(ばんしゅう)
  • 言語:播州弁(長野の言葉に汚染されつつあるというか、されてまった)
  • 趣味:仕事
  • バイクとメタルは体の一部。

HomePage開発環境

もう開発はしない。CMSとdokuwikiになってまった。 人間、楽してたら、いかん。自分を痛めつけよう!

バイクとの関係

私とmotorcycleは恋人の関係だ。毎日のっている。バイクといえば男のイメージ、だが、私はホモではない。(ピストンの振動が心地よいことは否定しない。私はシングルが好きだ。)どちらかといえば、ボアよりストロークを重視する方である。ここに、これまで乗ってきたバイクを紹介する。

XL125S(中古で購入)

 初めてのバイク。学生時代当時(1983)、10万ちょっとで中古(1979年モデルと思う)で購入した(高かった)が、これで留年してしまった。いじり倒して人に売った。しかし買った人は1月ほどで大事故にあい、戻ってきてしまった。

 フレームがいっていたので廃車にするつもりだったが、夜中ごみ捨て場を物色中(貧乏学生の私は、日用品をごみ捨て場から調達していた)XL125Sのフレームだけ落ちているのを偶然発見!。すぐ移植して、暫く乗っていた。1年後、下宿の後輩がどうしても欲しいというのでやった。大学卒業後下宿に遊びに行くと(1992)、まだ走っていた。1995年、後輩とは音信不通だが、九州の実家に持ち帰りまだ乗っているという。すごい。思い出の逸品である。 後輩とは数年前から音信再開したが、九州の実家に持ち帰ったというのは嘘で、山岳部の部室横で朽ち果ているとのこと。彼は山岳部でフリークライマー、チョモランマにも登頂経験があるが、いまはその面影はみじんも感じられない。九州で獣医をやっている。人は良い意味でも悪い意味でも変わるものである。

XL400R(新古車で購入)


 1984年終わりに、Mr.Bike誌で新車18万円という記事発見!すぐ買った。最初、XL初期型によくあった、オートデコンプの不良で始動に異常にこつが必要であり、苦労した。
 でも、異常なまでのトルクで感激した。確かに重かったが、ツーリングにはベストフレンドであった。1990年長野に就職してDR350を購入するまで5年間(大学に7年もいた、あぁぁ、私の青春)のり続けた。現、当麻フォレストEDの前身である、H.E.R(北海道エンデューロラリー)の第1回、第2回にこれで出場した。北海道にも行った。10万キロ近く乗った。 ~

 このバイクは、いわば、私の青春であった。ビッグストロークのエンジンはトルクフルで、スピードこそでないが大人のバイクだ。わざと高いギアで走りノッキング気味に加速する。うぅぅたまらん、今でも蘇るあの鼓動、イク時より感じたかもしれぬ。おかげで彼女なしでちっとも寂しくなかった。あの快感は、DR350を440にボアアップしても、XR600に乗っても味わえないものだ。入社して廃車屋に出したことをいま後悔している。でも、人に乗られるよりはましだ。自分が愛したバイクに人がまたがっているのを見るのはきっと耐えられないことだろう。

DR350L(新車で購入)


 はやく走るために、もちろんツーリングにもオールマイティーに使用できなきゃダメ、1990年に入社した年の春に発表されたDR350Lはまさに、私のために生まれたバイクだと感じた。しかもあの故アル・ベイカーがXR600に勝つためにスズキでつくったと聞けば、もうたまらん。
 当時、すでにXR350は生産中止となっており、中古でしか入らない。TT350は10年以上もマイナーチェンジもなしで期待できない。どしてもXR350(風間氏が乗っていたようだ)が欲しかったが手に入らない。
 DR350が雑誌に載った日、1990年5月号のGARRRR誌の広告が載っていたバイクショップに電話、見積もり、すぐ予約し、3ヶ月待たされて7月22日に手元に届いた(というか横浜まで取りに行ったのだけど)。走行距離はメータをつけない事が多いので不明だが6~7万キロは堅い。最高のバイクだ。

 95年秋、エンジンから異音がしはじめ、そのうちギアが噛んだままになってしまった。分解するも原因分からず、捨てた。かわりに94年モデルの欧州向けの中古を買った。 がやはり、これも欧州仕様でパワ無く足回りも悪かったので、足回りをすべて移植した。まだ、所有している。どうしても手放す事が出来ずに2005年4月まで所有して、ちょくちょく乗っていたが、350を欲しい人が現れ、この人なら譲っても良いと思ったので4万で手を打った。その人は、通勤にも使っていただいて、かなりのお気に入りのようである。うれしいことだ。

XV400ビラーゴ(新車で購入)


 あまり走らないバイクだった。タンデムするために買ったが、ツーリングに使うこともなかった。
 1996年初冬、10万で売れた。10万はジムニーの頭金です、ばいばい。ジムニーは奥様の車である。私は車は乗らない(免許は37歳で取得したが、結局月2回ぐらいしか乗らない)。

XR600R(中古で購入)

 1993年、春、XR600を処分したがっている人がいるらしい。情報をつかんだ私はさっそく交渉し、落札した。なんといっても、人がなんと言っても、XR600Rである。ホンダだ。オフロードキングである。すごいトルクとパワーで笑えた。広い林道をかっ飛ばすには最高だ。でもそんな林道は少ない。1994年アメリカでXR600をレンタルしたとき改めて思った。これはアメリカのバイクだ。 ~  1994年の冬に知り合いに売った。やっぱり、私にはDR350があっている。エンジンもよく回る。

XLR250R(中古で購入)

 1992年春、バイク屋物色中に掘り出し物を発見、購入。1991年冬にDR350をボアアップチューンするため横浜のバイク屋に出したが、帰りが遅いため、代わりの彼女が必要だった。XR250などをずいぶん検討したが、もしXRのほうが良くなっちゃったらDR350に申し訳が立たないとおもい、絶対心移りしないようなバイク、パワーのないXLRを選んだ。 ~  ちょいのりバイクが必要だった。購入したのは1984年型で、初期型XLRの次の型と思われる。ちょいのりにはとても役に立つ。すぐエンジンかかるし、とても軽かった。1年ぐらい乗って知り合いに3万で売った。今は、知り合いの人の愛人になっている。しかし事故にあい、廃車になったようである。

RMX250S(新車で購入)

 DR350がチューンナップによりツーリングには向かなくなり、もともとツーリングライダーである私にはつらい日々が続く。しかたなく愛人をつくることにした。心変わりしないように2stを選んだ。ピーキーなエンジンは、女子高生って感じだろうか。私は、きゃぴきゃぴより大きな愛に包まれたい。きゃぴきゃぴの世間をわかっていない女子高生を押さえ込み、全開で走る心地よさは快感であり、お仕置きをすれば従順に従ってくれるところに心を引かれはしたが、いまはそんなこと無い。2stバイクはお漏らしがひどいのでちょっと閉口である。だいぶお古になってきたので、96/2/14のバレンタインデーに終止符を打った。96年1月31日に売却した。 しばらくバイク家に飾ってあったが、売れたようだ。

KLX250SR(新車で購入)


 KLX250SRの1996モデルを買った。長野で一番に納車した。超不人気車種だが満足。へへへ。低速中速は全然無いけど良く回る。快適かいてき。シートをレーサーに換えてみた。非常に快適だ。不満は市販車特有のブレーキタッチと負圧キャブだ。
 ついに、99年秋、売られた。知人は7万で買っていった。今も持っていて、たまにエンジンはかけているらしい。

DR350R('94-EU仕様を中古で購入)


 1996年9月に購入。US仕様の愛用バイクがエンジン故障にいたり、修理か中古か悩んだあげく中古にした。ずいぶんエンジンだけを探し続けたが無かった。中古はDR350に関しては出玉が少なく何カ月も待ってEU仕様を見つけて即購入した。EU仕様はUS仕様にDR-S仕様を掛け合わせた合いの子みたいなもので、非常に街乗りを意識した味付けになっている。そこで、壊れたUS仕様のパーツに載せ変え、フレームエンジン以外を全てUS仕様にした。もちろんキャブはFLAT-SLIDE(Mikuni)、サスはプログレッシブだ。
 '94仕様のいいところは、デコンプが改良されずいぶん始動性がいいとは聞いていたが、これほどとは予想しなかった。最近はデコンプレバーを使う必要もなくなった。EU仕様はバッテリ搭載のため始動性の良さに一役買っているのかもしれない。 現在バッテリレスで使っているが始動性に変化はない。圧縮比が低いこともあるようだ。上の方のDR350Lのところでも書いたが知人に譲る。(2005年4月)。譲る前に相当悩んだ。

DR-Z400

z400s1.jpg
 2000年四月に購入。排ガス規制後である。長野で真っ先に入荷した1号機。買うつもりは無かったが、四月初旬にレッドバロンに行くとおいてあり、やっぱり見ると違うね。買っちゃった。

 新しく手に入れた、奇しくも国内市販車仕様である。現実は厳しい。 いくつか不満点もあるが、非常に満足している。DR350より良いと思ったことも合ったが、今は比較できない。DR350の方がいいと思うところもある。
 現在は通勤&ツーリングバイクになっている。

Husqvarna TE

te510_1.jpg

2005年5月に11年越し恋が実り手にしました。

yomoyama/jibun.txt · 最終更新: 2013/07/17 23:52 by king