ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Tree

最近の更新

drz400:cdi

シグナルジェネレータ

実はこの信号を使ってタコメータを作れないかなと思ってる。最終的にはやらないかも知れんが。ジェネレータから生えている線は4本あって、一つはシグナルコイル、もう一つはピックアップコイルの出力である。なんでふたつあるのかはちょっと理解は出来てないのである。サービスマニュアルによれば、端子間の出力をテスターで測定する。(尚、測定レンジはDCとある)つまり、平均値で見ているのではないかと思われる。

ピックアップコイルシグナルコイル
抵抗値390~600Ω0.05~0.2Ω
電圧ピーク5V以上
青が+、緑が-
ピーク1.4V以上
黒が+、白が-

測定は、カプラを外した状態で、セルを回し、2~3秒で最も高い電圧を読むとある。ここ外すとエンジン点火できないから純粋にプライマリの回転を見ているのであろうか。

CDIの構成

サービスマニュアル抜粋。。。

ピックアップコイルの方が巻き数多いように書いてあるから電圧も高いのかな?っていう程度しか判らないが、

コイル出力波形(CDI接続状態)

オシロスコープで観測。CDIを接続していると、どちらのコイルでも片側接地されている模様である。

ピックアップコイルシグナルコイル
アイドル
回した時
拡大

片側GNDであるようなので、両方同時に観測すると、

シグナル=6パルスでピックアップ=1と読み取れる。つまりこれは、ジェンレータ巻き線が3相の2対でシグナルはジェネレータの脈流を読み取り、ピックアップは1回転で1パルス出力されるという事か。ピックアップ出力が2回連続するのは不明。

ピックアップ周期がアイドル時に約40msであるので、1500rpmとなり、たぶん合っている。

もし、10000rpmまで回転するとしたら、シグナルパルスは、10000/60*6=1KHzとなり、割り込みで十分カウントできそうである。問題は、どうやって信号を拾うのか?、だ。

ピックアップコイル波形へつづく

drz400/cdi.txt · 最終更新: 2014/06/30 00:49 by king