家族で北海道旅行(2011,エクストレイル)

う〜ん、家族旅行、キャンプで北海道、一石二鳥のつもりだったが、それはそれで成功したのだった。「キャンプは楽しかった」と言ってくれたのでそれはそれで良かった。目的地は旭山動物園へ行きたいと言う希望はあったが、とくになく、それ以外は現地で考える予定。

総じて

 

1日目(フェリー) 7月31日(日曜日)晴れ

 

朝、4時に自宅出発。フェリーに乗るときはいつも異常に速く目が覚めるのは、昔からである。約5時間かけて新潟港に到着。日曜日だったせいもあり市内での渋滞は無かった。途中かなり眠かった。10:30出航であるが9:30に搭乗するのでそれほど時間に余裕があるわけでもなかった。

今回、2等寝台をとったんだけど、2段ベッドで、子供は大喜びでした。揺れたけど、案外楽しかったようです。

乗船前(めちゃ込みでもなかった)

乗船中。

まだゆれてないので元気。

フェリーは定刻通り出航し、最初揺れなかったが、4時ころから男鹿半島を回るあたりかな?から揺れ始め、まっすぐ歩けない感じで結構つらかった。昼食はカップラーメンで、夕食は船のレストラン。夕食前後がかなりつらかった。妻と次女、長男は平気らしいが、長女と私は、つらかった。せっかくうまい食事も全然うまくなかった。とにかく腹に流し込んだ感じだったよ。長女はげろげろ吐いてましたな。

そのご、もう寝るしか無いと思い、朝まで寝ていた。明朝は船も穏やかになり、よかった。

2日目(北海道) 8月1日(月曜日)晴れくもり

フェリーは小樽に朝5時に着くので、日本海側を走って海を見ながら、留萌から旭川へ抜けようと思いましたが、石狩を抜けるぐらいでもかなり時間を費やしてしまい、予定変更。直接、旭川へ向かいました。

途中、北竜の「ひまわりの里」に寄りました。ひまわりは全開ではなかったです。また、時間が速く誰もいませんでしたので、入場料が無料になりました。
10時頃、旭山動物園に到着です。こどもたちはこれが目当て、月曜日のあさっぱらから案外混んでますなぁ、無料の駐車場はいっぱいでした。
 

その後、早い時間にキャンプ場に行きます。そして、今夜のお宿は「当麻スポーツランドキャンプ場」です。

わたしは、ここに特別な思い出があり、旭川なら、絶対ここでキャンプと考えていました。ここは、HER(北海道Enduroラリー)の会場だったところです。中央の炊事場は昔のままかな、でも蝶の博物館や、温泉宿泊所、アスレチックなど新設されており、ずいぶん変わっています。キャンプは一張り=600円で、うちは2つなので1200円でした。蝶の博物館は昔、写真展などを開く施設だったはずです。いいですなぁ、HERのあとも、何度かここにきているのですが、あまり記憶がありません。当時食べたデンスケスイカの味は忘れられません。当時は、タイヤを2本後ろに積んで、現地でタイヤ交換をして参加しました。思えば無謀でしたね、林道を普通に走っていて周囲に速い人もいなかったため、何も知らずに出場し、1回目、2回目ともリタイヤでしたから。まぁ、いまも大して変わってませんけどね。

キャンプ場です。数組いたぐらいで、バイクはいませんでした。というか、ほとんどバイクにあってないです。

キャンプ場で、スイカを食べる。残念ながらデンスケではないです。小さいスイカでコダマでなく実が赤い。甘くてうまかった。
   

 

3日目(北海道) 8月2日(月曜日)晴れくもり

今日は、午後に美瑛川ラフティングに申し込んであるらしいとの事でした。午前中時間をつぶして午後に挑む事になりました。

当麻鍾乳洞です。

なんどか当麻にきているのですが、ここは初めて来たような気がします。でも、見覚えありますなぁ、来たのかもしれません。鍾乳洞はよく行くのですが、どこも同じように見えるので、そういう事なのかもしれません。

奥様が来たかったと言う、「上野ファーム」です。

花のガーデンになっていますが、、まぁいいんじゃないでしょうか。

昼食は旭川ラーメン。

旭川ラーメン村と言う所に言ってみました。10軒ぐらい入っているのですが、隅の店には行列ができていましたが、他の店は空いてました。当然、空いている店で食います。

午後は、美瑛川でラフティングです。子供がまだちっちゃいので、ちっちゃい子供も参加できるのを探したらここ(Guideline Outdoor Club)だったと言ってました。

左の女性が今回ガイドをしてくれたKAYOさんと言う方です。

右から2番目の方は車やビデオを回してくれました。この写真は事を終えた後です。

ラフティング中。これもの撮影もしてくれてます。
   

集合場所から車で15分ほど登ってからスタートだったので、短時間なのか?と思っていたけど、小1時間ぐらいはありました。激しくはなかったけど面白かったです。子供たちが面白かったようなのでそれで良いでしょう。主催のブログに我々の記事http://blog.guidelineoutdoor.com/?eid=1436811が載ってました。

終わった後に、撮影したビデオをCD-Rに焼いてくれ、良い思い出になったと思います。

ラフティングが4時頃終わったので、近くのキャンプ場にしましたが、西神楽公園キャンプ場で、無料でした。バイクも3台いました。日影でホタル養成地ともありムシが多いですが、良いキャンプ場でした。

 肉を焼いてマーボ豆腐で食べてます。西神楽の駅前のスーパはかなり怪しかった。食材を後で探すのはバイクと同じです。結構走りましたがいい店は無かったです。地元の人は旭川市内まで買い物に行くようですな。

4日目(北海道) 8月3日(月曜日)晴れくもり

今日は特に予定がなく、然別湖へ行きたいと言うことが決まっておりましたので、富良野経由から層雲峡経由か迷いましたが、やっぱり大雪山の麓を通りたいと言う事で、層雲峡経由としました。

層雲峡です。

駐車場空いてました。というか、観光地なのに、なんでこんなに空いているの?、凄くさびれていると言う印象がありました。

いつもここは混んでるからあまりパスしないようにしてた場所なんですが。

日帰り入浴で「黒岳の湯」も入りましたが、めちゃスキでした。というかほとんど貸し切り状態。

層雲峡から上士幌へ抜ける、ぬかびら国道の峠にある「三国峠」です。

ここから南下したところの岩間温泉への分岐に、三つ股山荘があり、そこでお茶でもしようとおもってたのに、見つかんなかった。昔とずいぶん風景が変わっていて見つけられなかったのかもですが、ことしのツーリングマップルにはまだ掲載されてましたが。

で、然別湖のキャンプ場です。数組です。

然別湖のキャンプ場は、うれしい事にまだありました。

かなり寒かったが夜は星がきれいだった。街灯も何も無く真っ暗なので、天の川のようなくすみも見えたよ。

 

5日目(北海道) 8月4日(月曜日)晴れくもり

ナイタイ牧場でソフトクリームが食べたい。

雲があり、360度、遠くまでと言う事ではなかったが、ようやく北海道?と言う感じ。

この後、19:30発の苫小牧出航フェリーに乗るため、国道274走行中に、50km制限だった所を超過してしまい、15000円の出費をする事になってしまった。

 

6日目(フェリー) 8月5日(月曜日)晴れくもり

フェリーで、ビンゴ大会があり参加した所、1等賞が当たり、フェリー内で使える3000円の商品券があたった。

それで、フェリーの上で、キャンプで食べられなかったジンギスを食す。それ以上に出費があったけど。。。

 

[戻る]